施術メニュー

総合的に身体を診て、『なぜ痛いのか?原因を探し出し、改善を図る』
ことが当院の治療です。各部ごとに簡単に説明を
まとめましたので読んでいただけると幸いです。


首の痛み

首の不具合は、身体のいろいろなところに悪影響をおよぼします。
よくあるケースとして、頭痛・上向きor横向きができない・耳鳴り・めまい・手のしびれ、レアなケースとして、腰痛・下肢の痛みにもつながります。首は、頭を支えることが仕事であると同時にバランスを取り、身体の動きにつなげる、とても大切で繊細なところです。首は、筋肉が固くなることが多いですが、肩・肩甲骨・前腕などの治療で良くなる場合も多々あります。


肩の痛み

よくここが張る・痛くなるという方が多く来院されます。マッサージでは、張っているところ・痛いところをもみほぐすことがほとんどですが、当院はまず、なぜここが痛いのかを原因を探していき、改善をはかっていきます。
ほとんどが、関節の動きの悪さが原因でに無理な力がかかったりすることで痛みを出すと考えております。また、胸郭の硬さや、胸椎・頭部による影響も考えて治療していきます。


腰の痛み

厚生労働省のガイドラインでは、腰痛の85%は原因不明(非特異的腰痛)とされています。
当院が考えますに、85%は腰に原因がないからだと思います。
施術をしていても思うのですが、腰自体に悪さを感じることはごくまれで、ほとんどが、股関節だと考えています。股関節のアプローチはたくさんあり、奥が深いです。もちろん、内臓の影響もあることもあるので、患者様に合った治療を行っていきます。
ここに原因がないことが多い。また、上記の内容のようにヘルニアや狭窄症になった原因は、間違った身体の使い方があったからだと考え、無理のある所を治療していきます。


膝の痛み

膝が痛い方はどこが痛くても(前側・後側・内側・外側)まず股関節の動きを診ていきます。股関節を動かさずして、膝を動かす方はあまりいないので、まず身体の付け根の股関節を診ていきます。
ほとんどが、股関節から始まる筋肉で改善が見られます。もちろん下腿から足関節に原因がある方もおられますが、患者様一人一人に合わせた治療を行ってまいります。
階段が上がれない、降りられない方、朝の一歩目が痛い方など、一度ご相談下さい。


スポーツ障害

け が

ケガをしたらまず冷やしましょう。氷嚢(氷水を袋に入れたもの)が一番ですが、流水でジャージャーと冷やしても効果的です。5~10分くらい冷やしたら、患部を心臓より上に上げ、押さえて安静を保ちます。10~20分くらい安静にして、最寄りの病院・接骨院を受診してください。

小・中・高校生

テーピング1部位無料です!

(2部位目より100円~300円)

捻挫・打撲

捻挫・打撲は微弱電流・超音波コンビネーションで早期回復!患部に超音波をあてて、血流を促進し早期回復を目指します。打撲・捻挫・肉ばなれなどの外傷症状は、マッサージをすることで回復を遅らせたり、もっと症状がひどくなる可能性もありますので気をつけて下さい。足関節の捻挫・手首の捻挫は、衝撃により骨がずれることもあり、時に軽く矯正を入れたりして治療します。

骨 折

骨折は『ライプス』で治療時間(骨癒合)の短縮を図ります。
※『ライプス』とは、先進医療ネットでも紹介されている様に、治療期間を約38%短縮できると言われているたのもしい治療器です。また、骨折の治療は医師による同意が必要です。

たつ接骨院0566-93-1589(予約優先)